[Blender Ver.4.0] 髪の毛②

髪の毛に再挑戦。公開は、「空のヘアー」>「密度」で追加していく方法にした。
「Duplicate Hair Curves」を追加すると、すごいボンバーヘッドになっちゃうので毎度ビビる。

頭部を複製→分離して、髪の毛を生やす部分を分けた。それぞれのパートでの調整がしやすいようにするため。

空のヘアーで数本ずつやるより、密度で増やした方が後でやりかすかった。「選択をペイント」(投影)でやると、部分的に選択出来て細かい調整ができる。

まだまだだけど、ちょっとだけ先が見えてきたぞ。

[Blender Ver.4.0] 顔の修正

今回はテクスチャの修正、眉毛の位置、まぶたの頂点修正、ほほをスカルプト修正などを行った。

ノードも結構いじったんだけど、肌の質感を適当に描いてたから、ちゃんと修正しないといけない。


コーカソイド、12歳前後の子供という設定にしてるので、より目の周りの彫を深くしてほほを細くしたせいか、子供らしさが失われた気がする…おかしいな。

[Blender Ver.4.0] スペキュラー

画像テクスチャをスペキュラー的に扱う

ずっとテクスチャでスペキュラーを制御する方法を探してた。スペキュラーにノード繋げられないなぁと思ってたら、「粗さ」につなげるんだった。盲点だよ。そしてmodoと違って、黒が光の反射値が大きく、白が小さくなるとは。

それにmodoではスペキュラーはうまく表現できなかったけど、Blenderはやり方さえわかれば簡単だった。

眉毛の位置と角度、ディフューズ用画像テクスチャの修正、鼻を小さくする等の顔の修正も行った。髪の毛もやってたんだけど、いまだうまくいかない。